スペシャリテ


究極のこだわりで最高のおもてなしを

umami

当店では、お椀料理のことをumamiと表現します。味覚には、苦味、酸味、甘味、塩味、そして日本で発見されたうま味の5つがあります。もはやumamiは、世界共通語となっております。当店の出汁の特徴は、北海道尾札部産の真昆布と削りたての鹿児島枕崎産の血合い抜きの本枯鰹節をいれただけの味付けを一切しない、昆布と鰹のうま味を味わっていただきます。

menu_img_lunch2

生フォアグラのプラチナ漬

富山の名酒「満寿泉」の純米大吟醸「プラチナ」の酒粕に生フォアグラを2週間以上漬け込んだ官能的な一皿です。ドライトマトを練り込んだ蒸しパンと共に。こちらのお料理には当店でしか飲めない超レア酒「満寿泉、貴醸酒、生酒5年熟成」を合わせてお召し上がりください。

menu_img_dinner2

羽釜ごはん

特注の羽釜を使用。ヒマラヤの3億8千年前の7㎏もある岩塩を重しにしています。お客様の目の前で炊き上げます。

menu_img_dinner1

眼福舌喜

甘味の後に最後の一皿。この名前の由来は、加賀藩 前田利家公の末裔、18代目御当主 前田利祐様より食後に即興で揮毫していただいた言葉が眼福舌喜でした。前田様が仰るには、わたしの料理のイメージとのこと。小さいながらも非常に楽しいお茶うけとなっております。